軸受事業部の、「営業職」。

NKCの主力商品・ベアリングリテーナーを世界に広めているのは誰か?それは営業職である。彼らがNKCの価値を拡大するために取り組む業務は、常にシンプルだ。聞いて、売る。それが彼らの真髄といえるだろう。
 例えば新規案件の開拓。クライアントから情報を聞き出し、社内で共有。開発部隊の意向を聞き取りながら競合他社の情報もしっかりチェック。最適な価格と納期を設定し、提案する。受注後も、聞く姿勢は変わらない。日々変動するニーズをキャッチし、すぐさま生産部隊へ依頼。原価低減の取り組みも、技術部隊とのやり取りから生まれる。
 こうしてクライアント、社内各部署に対するヒアリングから、NKCの価値は生まれている。と同時にその価値は、営業職にとって何ものにも代えがたい喜びなのだ。カゲもカタチもなかった製品が、営業職のさじ加減ひとつでこの世に生まれること。やがてそれが量産され、世界に広く旅立っていくこと。そのとき営業職の胸のうちには、計り知れない達成感で満たされる。彼らがその生活の中でNKCの製品を見るとき、その目はまるで子どもの成長を見守る親のもの、なのかも知れない。

「営業職」の一日例

軸受事業部の、「製品開発職」。

 NKCのベアリングリテーナーは、突然降って湧いて出るものではない。緻密な計算と数え切れない試行錯誤の果てに、ようやく生み出される工業製品である。その開発過程を担うのが、設計職と呼ばれる人たちだ。彼らの挑戦なくして、明日のNKCはない。そういっても過言ではない設計職の仕事とは、どのようなものなのか。
 プレス加工による工業製品の大量生産を可能にする「金型」。いわば製品の母親とも言うべきこの金型を生み出すのが、NKCの軸受事業部に籍を置く設計職の仕事である。彼らはAuto CADやNX、MARCなどの専門ソフトを駆使し、何もないところから金型を設計する。その図面から金型が作られると試作を行い、そこからは理想の製品を目指す試行錯誤の旅が始まるのだ。“型”の設計だけでなく、その材質や加工材料の寸法など、旅路は長い。
 しかし、そうやって苦労を重ねれば重ねるほど、一連の流れを経験してクライアントへ金型を出荷した時の喜びはとてつもなく大きい。設計職という祖母から生まれた母なる金型は、やがて子となる製品を大量に作り出していくのだから。

「製品開発職」の一日例

軸受事業部の、「研究開発職」。

 時代は、常に回り続けている。100年前、300kmでレールの上を疾走する鉄の塊を、誰が想像しただろうか。技術は絶え間なく進歩している。ベアリングリテーナーの世界においても、それは全く同じこと。素材技術は、常に回り続けている。
 NKC・軸受事業部の研究開発職は、そんな回転し続ける技術の進歩に対応すべく試行錯誤に明け暮れる毎日だ。原料メーカーやクライアントはもちろん、大学を始めとして最先端の研究を行なっている学術機関から特許保有企業、多数の学術論文まで…。徹底したリサーチをもとに、より高品質でより安価、より効率的に大量生産が可能な素材を探し求めている。ありとあらゆる可能性を考慮し、様々な角度で仮説を立て、試作・試験・評価・検証を繰り返す日々。新たな宝の山を求めて、研究開発職の挑戦は終わらない。
 そんな、一見すると辛く苦しい彼らの挑戦はやがて、製品という果実を実らせる。研究開発職の手の中で生まれた“作品”は、社会のあらゆる場所で使われるようになっていく。そうしてこの世の中に自らが生きた証を残せること。それはモノづくりという仕事に許された特権なのかも知れない。

「研究開発職」の一日例

製造企画職の仕事

 例えば。営業が脇目もふらずに受注を重ねればどうなるか。その一方で、生産部隊が工場設備のメンテナンスを考えて生産量を減らしていればどうなるか。当然在庫は足りなくなり、売上は立たず、結果として“得られるはずだった”利益は手に入らない。
 そんな事態を未然に防ぐのが、製造企画職の役割だ。彼らの仕事は、営業の受注状況や予測と生産部隊の負荷・製造状況を見比べて、互いのバランスを取りながら全体の進捗を管理すること。そして、受注・納品実績を分析して年度ごとの事業部予算を組み立てたり、それが計画通り遂行されているかを毎月チェックしたりと、事業部の頭脳として活躍している。また、その職務の性質上様々な部署間を調整する役割を担うこともあり、新たなシステムの導入などでは組織を上手くまとめあげる力が求められる。
 そうやってNKC・軸受事業部の全体最適化に従事する彼らにとって、最大のご褒美は「ありがとう」の一言。幅広い知識を身につけるため日々の努力が欠かさないこの仕事だからこそ、誰かの役に立てたことが実感できる「ありがとう」は、魔法の言葉に変わるのである。

「製造企画職」の一日例

Menu