仕事のやりがいは何ですか?


NKCの場合、社会の中で製品が活躍しているシーンを目にする機会がすごく多い。やはり、自社の製品が世の中を回していると実感できる瞬間ですからやりがいを感じますね。新幹線の保持器や車の部品など、直接見える所ではありませんがさまざまな場所でNKCの製品は活躍しています。それに何より、自分が担当した製品の量産が決まったときほどうれしい瞬間はありません。技術の担当者と重ねた努力が大きく実を結ぶわけですから。重要な部品だったり新しいカテゴリの製品だったらなおさらです。同行した技術担当者と祝杯をあげることもありますよ。

普段の仕事で心がけていることを教えて下さい

営業職はクライアントとNKCの間を取り持つ調整役です。クライアントの希望とこちらが提供できる商品やサービスのバランスを上手く舵取りすることが求められます。以前、新規のクライアントからお話をいただいたときのことです。なかなか期待度の高い案件だったので、否が応でも力が入ります。そこで先方のキーマンとなる人物を工場に呼んで、NKCの工場に招待することに。上司や工場の方々に協力していただいた結果、非常にいい評価をいただくことができ、見事受注につながりました。営業一人ができることは限られています。
ですから周囲を巻き込んで助けてもらいながら仕事を進めて行くことが大切なんです。それに文系出身の私にとっては分からないことがまだたくさんありますし。みんなを同じ船の仲間と考え、チームプレイで取り組むことを心がけています。営業と技術の綿密な連携がメーカーであるNKCの強さですから。

入社理由を教えて下さい


就活では営業職を志望していました。ただ業種については、商社など売るだけが仕事の企業ではなくではなく、モノづくりの現場に近い場所で働けるメーカーがの方が自分には合っているかもしれないと、漠然とですが考えていました。そんなときに出会ったのがNKCです。ただ、当然ですが入社当時はベアリングのこともリテーナーのことも全く知らない状態。パンフレットを見て、ようやく何を作っているのか理解できたくらいです。そんな私の入社の決め手はといえば面接を担当していだいた方の人間性。初対面だと取っ付き難い方なのですが話をしてみると人としての信頼感がものすごくある人で、「この人と働いてみたい!」と思いました。ちなみにその方が現在の上司です。

将来の夢は何ですか?

やはり、誰からも信頼される営業マンになることでしょうか。
無茶なお願いをしても「君の頼みなら。」と皆さんから言ってもらえるようになれたら格好いいですよね。ですから、そのためには積極的に情報を発信すること、レスポンスのスピードを大切にすること、そして依頼の期日を必ず守ること、こういった当たり前のことを当たり前に進めていくことが大切だと思います。
正直、入社当初は地道な仕事ばかりかもしれません。しかし、そういった仕事を確実にこなし信頼を勝ち取ることで、案件を任せてもらえるようになるものです。実際、私もそうして案件を任せてもらえるようになりましたから。
今後はさらに信頼を勝ち取って、より大きな案件を手がけたいですね。

Menu