RECRUIT
SITE

ENTRY
MENU

誰からも認められる、装置の設計を。

軸受事業部 生産技術部 設備技術グループ 制御システムチーム
2012年入社 理工学部 電気電子工学科卒

PERSON

【軸受事業部 生産技術の仕事】

ベアリングリテーナーなど製品の製造に必要な生産設備の設計、開発を担当。そのなかでも設備技術グループは「機械」と「電気」、ふたつのチームから構成されており、設計、組立、試運転、工場据付を一貫して担当する。新製品をつくったり、生産効率や品質を向上させたり、さまざまな製造プロセスで活躍する設備を、プログラミングなどを駆使して開発・設計している。省人化やコスト削減、スピード・クオリティアップを実現できれば、取引先によりよい製品を一層多く安定提供することが可能。会社に対しても、利益のアップをもたらすことができる。社内外に大きな影響をもたらす仕事でもある。

テスター:

電圧を測るための計器。電気回路の調整などに欠かせません。

PC:

生産設備のプログラムの確認や調整などに欠かせません。

自分の力でやり遂げたい。

入社2年目の終わりに、自動車部品に全自動でねじ穴を開けて箱詰めまでする装置の設計を任されました。当時、上司から「任せた」と言い渡されたときの気持ちは「新人の私が?無理だ」というのが本音でした。事実、すごく難しくて、先輩の助けを借りてばかりだったのを覚えています。据付も想定通りにいかず、先輩に装置のプログラムを直してもらいながらどうにか完成。ひとつの装置を完成まで導けたのは少し自信につながったものの、先輩の力を借りっぱなしだったことが心残りでした。だからこそ、2017年夏に任された、リテーナーを生産する装置の電気設計及びプログラミング設計を変更する案件は「絶対に一人でやり切ろう」と心に決めて臨みました。しかも、その基となる装置を設計した前任者は、私たちの部署のエース。そんな先輩の仕事を自分もできるようになることで、私自身の存在価値を高めたい、また上司や周囲の信頼を得られるような結果を出したい、と思って取り組みました。でも、実際に取りかかると、想像の遥か上を行く難しさでした。

必死だった毎日から、一歩前進。

まず、装置を動かすプログラムのチェックから始めたのですが、構成が難解すぎて。「先輩、天才すぎるだろ…」と、さっそくひるみました。でも、やるべきことはひとつ。ひたすら読み解くこと。動作のロスを限りなく少なくするためにどうしているのか、製品の精度を保証するためにどうしているのか、悩みながらちょっとずつ解き明かしていきました。また今回の案件は、既存の装置で取り入れていた「製品をエアーで吸着する」動作を、「つかんで移動させる“電動チャック”」による動作に差し替えることもハイライトのひとつでした。その制御設計を任されたのも私です。もう、毎日が必死でした。それだけに、大きな問題なく無事に成功させられたときは「やっと解放される。ホント長かった…」と一安心。そして、自分一人で担当できたのは大きな自信になりました。「お前は制御システムチームに必要だ」と誰からも認められる存在になるためにも、これからはもっと新しいことにチャレンジしていきたい。気持ちは前向きです。

PERSON